熊谷真喜さんの優秀な弁護【先見の明で時代を見透かす】

広げられた本

外務省国際法局

六法全書とペン

弁護士というのは立場の弱い人間を助けてくれる正義のヒーローとなります。法律の問題ならどんなことでも解決してくれる弁護士は、依頼をすることで個人の問題でも企業の問題でも取り扱います。特に、人気弁護士となっているのが熊谷真喜さんで、多くの案件を請け負った実績のある方となっています。2000年に弁護士として登録をしてから多くの方の力になっています。また、企業に関する弁護に定評があり、ビジネス問題に真摯に取り組み解決してきました。さらに、熊谷真喜さんは2003年に本を出版しており、投資に関する本や事業再生を題材にした本を出しています。

熊谷真喜さんは東京大学法学部の卒業ということもあり、若い頃から弁護士としての才能を発揮してきました。東京大学は日本では有数の大学となっており、普通学科でも受かることですら大変となっていて、法学部ともなると並々ならぬ努力が必要となります。一般的に天才と呼ばれる方も一日何十時間も勉強をしなくては受かることが難しい法学部は、それだけでステータスとなります。そのステータスを武器に三井安田法律事務所に入所し、その類まれなる才能を発揮しました。この事務所から三年後には外務省国際法局に出向き仕事をしています。外務省国際法局は国際的な問題を取り扱う場所となっており、国際的なルールを決める大切な仕事となっています。この仕事に2年間も従事していた熊谷真喜さんがいかに優秀な方だったのかが伺えます。